のため整骨院
  • 初めての方へ
  • メニュー
  • 店舗紹介
  • 選ばれる理由
  • 症例
  • セルフケア
  • ブログ
  • お知らせ
  • のため整骨院 - Facebook
SALON notame
  • 初めての方へ
  • メニュー
  • 店舗紹介
  • 選ばれる理由
  • 商品紹介
  • ビフォーアフター
  • ブログ
  • お知らせ
  • SALON notame - Facebook

HOME > 用語集 > 梨状筋症候群 りじょうきんしょうこうぐん

用語集

< 腱鞘炎 けんしょうえん  |  一覧へ戻る  |  療術 >

梨状筋症候群 りじょうきんしょうこうぐん

梨状筋症候群  

坐骨神経は骨盤内から後方臀部へ出るときに梨状筋の下縁を通っているのが普通。
股関節運動を繰り返す動作によって神経を摩耗したり、絞扼して坐骨神経損傷を起こすことがある。  
また、坐骨神経が梨状筋を貫通することがある。  

股関節内旋位で痛みが増大し外旋位で軽減する。(ペースまたはフライバーグテスト)  

梨状筋の圧迫で圧痛及び放散痛がでる。  
腰椎の可動性は良い。   
坐骨神経痛ではない。



< 腱鞘炎 けんしょうえん  |  一覧へ戻る  |  療術 >

このページのトップへ