HOME > 症例 > カテゴリを追加

症例 カテゴリを追加

症例23 スマホシンドローム スマホ症候群 ストレートネック

 スマートフォンや、パソコンを長時間使用して下を見ていると、

首が前傾し、首の湾曲が失われてしまいます。

その状態を「ストレートネック」と呼びます。

この「ストレートネック」は、

通常あるはずの首の生理的前彎(ぜんわん 前へのカーブ)がなくなり、

まっすぐになった状態をいいます。

 

 

 近年多くの女性が「ストレートネック」です。

パソコンや携帯を始めて数年から十数年経ち、

徐々に悪化していると思われます。

また、女性は筋力が弱い為、

ストレートネックになっていることが多く、

日中もデスクワークで負担をかけている首に対して、

通勤や休憩時間に、スマホでさらに悪化させています。 

 症状は、

肩の痛みや首痛はもちろんのこと、

頭痛やめまい、

腕のしびれや、

背中のつりや痛みなど、

辛い症状に苦しんでいます。  

 

整形外科や脳神経外科などで「ストレートネック」と診断され、

牽引療法や、薬物療法で改善されず、

当院に来院されるケースが多くなっています。

 

 スマホシンドローム(スマホ症候群)チェック…スマホを1時間以上使用している方

 • スマホやパソコン使用で肩や首に痛みやハリを感じる

 • スマホ・パソコンを1時間以上使用している

 • 姿勢が悪く、猫背である

 • 首を上に向けると痛みや違和感がある

 • 目が使えやすく、乾きやすい

 • 頭痛がある

 • 腕がだるい 

 

*あてはまるものが2個以上ある人は、スマホ症候群になっている可能性が高いです。 

 

 下の図の左は、電車の中でよく見る姿勢です。

長い時間この姿勢でいると、ストレートネックを悪化させます。

 

予防法は、下の図の右のように、

画面を見る時に、持つ手の肘の角度は90度で、

反対の腕を持つ手の肘の下に入れること。

頭をあげ、目線が上にあがり、「ストレートネック」の予防になます。

画面を操作する際も画面の位置に気をつけること。

少しのことですが、毎日続けると変化があるかと思います。 

 

 

もし、痛みや辛い症状がある場合は、

 

無料メール相談して下さい。 メール、fj17155@gmail.comまで 


「腰骨を立てましょう!」

 

 


1

このページのトップへ